2ちゃんの気になる記事、笑える記事を毎日UPします。

    2013年12月

    1:2013/12/31(火) 18:06:31.47 ID:
    帰宅するアイドルを自宅まで尾行し、プレゼントを届けたファンが「出入り禁止処分」になった。
    多くの地下アイドルをプロデュースするアリスプロジェクトが31日、公式サイトで
    「出入り禁止処分についてのお知らせ」で明らかにした。

    同サイトでは以下の通り告知している。

    <出入り禁止処分についてのお知らせ。

    先日アリス十番メンバーの帰路、最寄駅から自宅まで自転車で30分程かかる道中を尾行し
    自宅を突き止め、自宅前にプレゼントを届けに来るという行為を行った方々(複数人)がいましたので、
    その方々を出入り禁止処分とさせて頂きましたことをご報告致します。
    現在該当メンバーは毎日保護者の方が最寄り駅から送り迎えをしている状態です。

    応援していただいている99%の皆様がこのような行為をなさることは無いと分かっておりますが、
    改めて注意喚起をさせていただいております。
    メンバーの帰路や仕事前に執拗につきまとう行為、尾行、学校や
    自宅を調べたり訪ねたりなど一切の行為をご遠慮ください。

    メンバーの安全を守るために以降もこのような行為が発覚すれば
    出入り禁止など厳しい対処をさせていただきます。

    今後ともアリスのアイドル達の応援何卒宜しくお願いします。

    アリスプロジェクト >

    アリス十番は、ジェイソンマスクを着用するヘドバンアイドルユニットで、
    メンバーは18歳から24歳までの7人。東京・秋葉原の常設劇場「P.A.R.M.S」(パームス)で
    毎日公演を行っている。「仮面女子」(アリス十番とスチームガールズ)として先日発売した
    「妄想日記」はオリコンウイークリーチャート4位(2013年12月23日付)、
    27日にはシド結成10周年の日本武道館イベントに出演し注目度が上がっている。
    「出入り禁止処分」については、常設劇場および同事務所のイベント全般とみられる。

    ソース:東スポ(12月31日(火)13時24分)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131231-00000011-tospoweb-ent
    画像:常設劇場開設1年で来場者は10万人を突破している

    【【芸能】アイドルを自宅まで尾行して、プレゼントを渡したファンが出禁に】の続きを読む

    1:2013/12/31(火) 18:47:22.79 ID:

    くろねこ @kuroneko_cos
    一日目のざんげちゃん!スカートみじけw

    https://twitter.com/kuroneko_cos/status/417795817622470656

    くろねこ @kuroneko_cos
    二日目のゆきこたんヾ(@⌒ー⌒@)コーヒー牛乳飲むです!飲むです!

    https://twitter.com/kuroneko_cos/status/417795969254567937

    くろねこ @kuroneko_cos
    コーヒー牛乳飲み終わっちゃった、、(くれ、、)みたいな顔してる

    https://twitter.com/kuroneko_cos/status/417796206791000064

    くろねこ @kuroneko_cos
    今日の未来たそヾ(@⌒ー⌒@)ノキリッ

    https://twitter.com/kuroneko_cos/status/417928316662710273

    くろねこ氏とアフターなうですにゃん!

    https://twitter.com/yancoromarch/status/417929163442364416

    本日の速報。くろねこさん @kuroneko_cos のゆきこたんをもう1つ

    https://twitter.com/kakaku_6/status/417943969356455936

    【【画像】コミケ会場でコスプレ披露するくろねこちゃん(社会人1年生)が可愛すぎる】の続きを読む

    1:2013/12/31(火) 08:43:05.10 ID:
    本年度の「年間映画興行ランキングTOP10」を文化通信社が発表した。
    上位3位には、『風立ちぬ』(第1位)、『モンスターズ・ユニバーシティ』(第2位)、
    『ONE PIECE FILM Z』(第3位)がランクインし、強さを見せつける結果となった。

    第1位には、推定興行収入120億円の『風立ちぬ』(7月20日公開)。封切られ
    てからは、8週連続で首位を独走し、その期待値と話題性を見せつけた。1
    00億円を突破した作品としては、2010年に日本公開された『トイ・ストーリー3』
    以来、3年ぶりの快挙となった。

    現在公開中の『かぐや姫の物語』と併せて、今年2作品が公開された“ジブリ
    イヤー”となったが、スタジオジブリを牽引し続けた宮崎駿監督が突如として“引退
    宣言”を発表したことで、国内だけに留まらず海外でも作品単体ではなくスタジオ
    ジブリ自体への関心が高まった年でもあった。

    第2位には、89億6,000万円を稼ぎ出したディズニー/ピクサーの『モンスターズ・
    ユニバーシティ』。第3位には東映作品の『ONE PIECE FILM Z』が68億5,000万
    円で続く。さらに、ランキング全体に目を向けてみると…。

    第6位『映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)』(39億
    8,000万円)、第7位『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』(36億
    3,000万円)、第10位『劇場版 ポケットモンスター ベストウィッシュ神速のゲノセクト
    ミュウツー覚醒』(31億7,000万円)という結果に。TOP10中6作品がアニメ作品と
    なった。

    一方の実写作品では、第4位『レ・ミゼラブル』(59億3,000万円)、第5位『テッド』
    (42億円)、第8位『真夏の方程式』(33億1,000万円)、第9位『映画 謎解きは
    ディナーのあとで』(32億5,000万円)と4作品のみのランクイン。

    昨年(2012年)は、『BRAVE HEARTS 海猿』や『踊る大捜査線 THE FINAL
    新たなる希望』、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』など全6作品が
    ランクインしており、少しづつではあるがヒット作の傾向が変化してきているようだ。

    さらに、興行面以外の部分ではあるが、実写作品・アニメ作品共に制作発表の
    際に「誰がキャスティングされるのか?」ということが話題となるが、今年は特に、
    Twitterやネット上でのコメント欄を通して、アニメーション作品に有名俳優が声を
    あてることへの意見が多く挙がった年でもあった。賛否両論となった『風立ちぬ』の
    主演を務めた庵野秀明を始め、例年に比べてアニメ作品へのキャスティングに
    関して、世間の目が光っていたようだ。

    すでに2014年に公開される作品は各社製作中だが、このヒット作の傾向の風向きの
    変化をどう捉えているのだろうか?

    <年間映画興行ランキングTOP10 ※文化通信調べ>

    第1位『風立ちぬ』(120億円)
    第2位『モンスターズ・ユニバーシティ』(89億6,000万円)
    第3位『ONE PIECE FILM Z』(68億5,000万円)
    第4位『レ・ミゼラブル』(59億3,000万円)
    第5位『テッド』(42億円)
    第6位『映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)』(39億8,000万円)
    第7位『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』(36億3,000万円)
    第8位『真夏の方程式』(33億1,000万円)
    第9位『映画 謎解きはディナーのあとで』(32億5,000万円)
    第10位『劇場版 ポケットモンスター ベストウィッシュ神速のゲノセクト ミュウツー覚醒』
    (31億7,000万円)

    ソース:cinemacafe.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131230-00000004-cine-movi

    【【国内映画】2013年興行収入ランキング・年間TOP10発表!アニメ隆盛…実写映画は苦戦の年】の続きを読む

    このページのトップヘ

    お茶どうぞブログパーツ