2ちゃんの気になる記事、笑える記事を毎日UPします。

    社会・経済・政治

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:2014/01/19(日) 12:36:20.60 ID:
    日本人は、米アップルの「アイフォーン(iPhone)」が大好きなようだ。世界的には、
    米グーグルの基本ソフト「アンドロイド」を搭載したスマートフォン(スマホ)のシェアが
    上回るが、日本は唯一ともいえる「例外」となっている。
    毎年、新モデルが発売されれば徹夜組が行列を作り、メディアは大々的に報じるなど
    注目度の高さは変わらない。国産メーカーが太刀打ちできないほどの「iPhone大国」と
    なった背景には何があるのか。

    携帯各社が「端末料金実質ゼロ円」といった優遇策をとったのも原因

    調査会社カンター・ジャパンが2014年1月15日に発表した2013年9~11月のスマホ販売
    シェア調査結果によると、日本はiPhoneが69.1%と、アンドロイド端末の30%を圧倒している。
    ところが、こうした現象は日本でしか見られない。米国はiPhoneが43.1%なのに対してアン
    ドロイド機は50.3%。英国もiPhoneは30.6%でアンドロイド機55.7%と、欧米各国はすべてア
    ンドロイドが優勢だ。中国やドイツに至っては、iPhoneのシェアは17%台にとどまる。

    iPhoneの影響力の大きさを示したのが、契約者数の伸び悩みにあえいでいたNTTドコモ
    の「復活」だ。2013年12月の携帯電話3社による契約数は、新規契約から解約を差し引いた
    純増数で2年ぶりの首位に返り咲いた。「iPhoneなし」だったドコモは最下位がほぼ定位置で、
    解約数の方が多い「純減」を記録した月もあった。だが2013年9月、ソフトバンクモバイルや
    KDDIと並んでiPhone5sと5cを発売。当初は品薄だったが、徐々に解消していった。これが首
    位奪回につながったと考えるのが自然だろう。

    日本でiPhoneの人気が高い理由は、これまでも分析されてきた。しばしば挙げられるのは
    価格だ。携帯各社が販促のため「端末料金が実質ゼロ円」といった優遇策をとり、安い料金
    プランを提供するので「割高なアンドロイド」を買う意味が感じられなくなるわけだ。海外市場で
    は、iPhoneよりもずっと安価なアンドロイド端末が普及しており、シェア拡大に貢献している。
    国内ではハイエンドモデルばかりで、価格でiPhoneとの違いが出せない。
    http://www.j-cast.com/2014/01/19194435.html?p=all

    【【話題】日本人はなぜこんなにiPhoneが好きなのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:2014/01/18(土) 21:33:46.51 ID:

    【速報】今年もセンター試験国語の小説に”狂気”を感じると話題に・・・

    2014年度センター試験国語の小説は狂気を感じさせるオチだった


    ・おれもこれは笑いそうになった
    ・今年もまたなにかやらかすのかと思ったら案の定変なのきましたねwww
    ・この文章が選ばれた基準を教えて欲しい!(◎_◎;)

    今年のセンター国語名言 「オン・ユア・マーク、ゲットセッ」


    ・オン・ユア・マーク、ゲットセッ!! 技名ですかね(錯乱)
    ・試験官「オン・ユア・マーク、ゲットセッ!」 国語現代文「おほほほほほほほほほほ」 受験生「あはははははははははは」

    http://matome.naver.jp/odai/2139002485952328201

    【【ワロタ】 今年もセンター試験の問題がぶっ飛んでるwwwwwwwwww (画像あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:2014/01/19(日) 07:13:01.73 ID:
     4月から消費増税が実施され、5%から8%になる。国民の家計に大きなインパクトを与えるのは
    必至の情勢だが、増税決定に至る過程では、国民から大きな反発がなかったと思う方もいるのでは。
    特に、若い世代の政治への無関心も顕著だ。なぜ、こうした状況になっているのか。ビートたけし氏は、
    著書『ヒンシュクの達人』(小学館新書)の中で、現代の若者たちの意識について、こう分析している。

     * * *
     大人気ドラマの決めゼリフだとか、新型のスマートフォンの機能だとか、
    どうでもいいことばかりが話題になっているけど、国民の生活にズッシリのしかかる
    消費税の話は、みんなサラリと受け流すってのは一体どういうことなんだろう。

     「2014年4月から消費税を8%に上げる」と、安倍晋三首相がとうとう正式に
    宣言したわけだけど、別に大きなデモや反対運動が起こるわけでもなくてさ。
    みんなそれを当たり前のように受け入れちゃってる感じなんだよな。

     特に若いヤツラが大人しいよね。これがオイラの若い頃だったら
    学生運動のネタになるんだろうし、もしヨーロッパで同じことが起こったら
    若者たちが「俺たちの生活を潰す気か!」って黙っちゃいないよ。もしかしたら、
    今の若い人たちは「少しでもいい暮らしをしたい」なんてこれっぽっちも
    思っちゃいないのかもしれないよね。(
    >>2
    以降に続きます)

    ソース:NEWSポストセブン
    http://www.news-postseven.com/archives/20140119_235832.html

    【【芸能】ビートたけし 視野の狭いオタクが飯のタネにされる構図を解説】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:2014/01/05(日) 08:52:26.64 ID:
     東京・築地市場で5日、新春恒例の初競りが開かれ、青森・大間町産のクロマグロの最高値は1匹あたり736万円となった。
    落札者は3年連続ですし店「すしざんまい」を展開する喜代村(東京・中央)。

     1匹あたりのこれまでの最高値は昨年の1億5440万円。

    日本経済新聞 1/5 6:57
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK05001_V00C14A1000000/?dg=1

    関連スレ
    【青森】大間産クロマグロ、1月5日の築地初競り、価格下落か
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1388826533/

    【【社会】築地のマグロ初競り 最高値は1匹736万円、落札者は3年連続で「すしざんまい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:2014/01/05(日) 16:47:01.55 ID:
    2011年4月の「焼肉酒家えびす」の食中毒事件。
    問題のユッケを提供した \フーズ・フォーラスの勘坂康弘・社長は、
    「生食用の牛肉はありません!」と 大声を張り上げて「基準を作らない厚労省」の責任を指摘。

    “加熱用肉を生で出すのは業界の常識”との見解を述べた。

    だが、死者5人、被害者181人を出した状況での発言は、「開き直り」と受け止められた。
    勘坂氏は報道陣の前で土下座したが、「パフォーマンスだ」とさらなるバッシングを浴びた。

    事件から約2か月後、勘坂氏は本誌インタビューに応じ、
    「賠償のために全財産を充てる」と語ったが、2年が過ぎた今も被害者への補償は進んでいない。

    勘坂氏は自己破産して妻と離婚し、単身で金沢市内の賃貸マンションで暮らす日々だという。

    再起に協力する知人がこう明かした。

    「『飲食店でアルバイトしている』という報道もありましたが、飲食関係はやっていない。運送関係の職場でドライバーをしています」

    だが、その程度では賠償金の返済には焼け石に水だ。

    「経営手腕はある。まだ刑事罰になるかどうかの結論は出ていない。
    不起訴か起訴猶予になれば、事業をもう一度始めたいと希望しています」(同前)

    また、仕入れ先の食肉卸業者に約3億1000万円の損害賠償訴訟を起こしてもいる。

    “大腸菌は卸業者の時点で付着していたのだから、それを提供された「えびす」は被害者である”という理屈で、
    一部の被害者も原告に名を連ねている。 しかし裁判は長引いており、勝訴しても補償金に回るにはかなりの時間を要するのは確実だ。

    現在の勘坂氏の心境については、「逆ギレと批判され、土下座をしたことも蒸し返されたくないようです。
    (裁判以外の場では)事件のことについて語ることはないでしょう」(同前)とのことだった。
    http://www.news-postseven.com/archives/20140105_234550.html

    【【話題】 焼肉えびすの土下座ユッケ社長 運送業界で運転手として働く】の続きを読む

    このページのトップヘ

    お茶どうぞブログパーツ