1:2014/01/21(火) 14:29:40.45 ID:
その年最もガッカリさせられたトホホ映画を決定する、映画専門雑誌「映画秘宝」の
「2013年度HIHOはくさいアワード」が今年も発表された。

見事(?)トホホ1位に輝いたのは、ブラッド・ピット主演の映画『ワールド・ウォー Z』。
ブラッド自ら製作を手掛けた大作ゾンビ映画として話題を呼んだが、まずは暴力表現を抑えた
内容が「血といえばブラピの鼻血しか出てこないチキンゾンビ映画」(添野知生)と酷評。
また「ブラピだけ安全すぎて危機感皆無。ラノベの主人公かよ」(倉田英之)と都合が良すぎる
展開への不満も。
続く2位は、スーパーマン誕生の物語を再び描く『マン・オブ・スティール』。
「ドナー版信者の懐古厨と揶揄されようが、こんなんスーパーマンじゃない!」(モリタダシ)
など過去の第1作に追いついていないという指摘や、根本的に「スーパーマン」を
わかってないととられる内容に不満が多かったか。
ちなみに賛否両論を巻き起こした実写版『ガッチャマン』は6位。
「公開前から期待値ゼロどころかマイナスで見てもひどい」(山田誠二)という意見もあり、
期待されていなかったゆえの順位だったようだ。

一方のベスト映画は、トップ5が『パシフィック・リム』『ゼロ・グラビティ』
『ジャンゴ 繋がれざる者』『地獄でなぜ悪い』『クロニクル』。
これには映画評論家の町山智浩も総評で「宇宙と、怪獣と、西部劇と、ヤクザと、
オタク……コドモか!(笑)」と苦笑。いかにも映画秘宝らしいランキングになっている。

脱力! 映画秘宝トホホテン「2013年度 HIHO はくさいアワード」は以下のとおり。
1位『ワールド・ウォー Z』
2位『マン・オブ・スティール』
3位『ダイ・ハード/ラスト・デイ』
4位『R100』
5位『キャリー』
6位『ガッチャマン』
7位『死霊のはらわた』
8位『47RONIN』
9位『人類資金』
10位『永遠の0』『グランド・マスター』『スプリング・ブレイカーズ』

所々省略しました。ソース全文は
http://www.cinematoday.jp/page/N0059820
映画秘宝オフィシャルサイト http://www.eigahiho.jp/

【【映画】2013年最もガッカリしたトホホなダメ映画が決定 映画秘宝はくさいアワード発表[14/01/21]】の続きを読む