2ちゃんの気になる記事、笑える記事を毎日UPします。

    中国

    1:2013/12/21(土) 23:14:54.97 ID:

    長沙の5歳の可愛らしい女の子の写真がネットで話題に
    【画像】






    あるインターネット利用者(@カメラマンの李小蕾さん)が撮影した可愛い女の子の写真が最近、
    インターネットで人気を集めている。
    この写真が掲載された微博(ウェイボー)はすでに3万回以上転載されているという。
    光明網が伝えた。(編集YH)

    「人民網日本語版」2013年12月20日
    http://j.people.com.cn/94638/94659/8491251.html

    【【画像】中国・長沙の5歳の可愛らしい女の子の写真がネットで話題に】の続きを読む

    1:2013/12/17(火) 08:37:34.93 ID:

    現在、微粒子物質「PM2.5」等による深刻な大気汚染が問題視されている中国。大気汚染を原因とするスモッグで、ひどい地域では5メートル先も見えない状況だと報じられている。
    そんななか、NASAの人工衛星がとらえた中国の上空写真が衝撃を与えている。そのスモッグは宇宙からでもハッキリと確認することができ、川などあるはずの地形が見えないほどになっているというのだ。

    ・NASAの衛星写真

    この写真は2013年12月7日にNASAの人工衛星「テラ」が撮影したものだそうだ。写し出されているのは、中国大陸の東側である。
    全体的にモヤっとしている衛星写真。白い部分は雲と霧だ。そして、そのほかのボンヤリとしたグレーの部分がスモッグであるという。
    この写真で地形がハッキリわかるのは、やや内陸部にある山くらいである。東部の平地は、ほぼグレーのスモッグで覆われている。

    ・上海から北京まで延びる「スモッグの長城」

    この空気は北京から上海を含んだ広域に広がっている。直線距離にして1200キロ以上だ。規模も大きく宇宙からもハッキリと確認できることから、一部メディアでは万里の長城をもじって「スモッグの長城」とも呼ばれている。

    ・中国ネットユーザーの声

    「絶望した」
    「おお、スモッグって衛星写真にも写るのか」
    「ここまでくると逆に壮観だ」
    「宇宙人が見たらビックリするね」
    「妖気が立ち込めている!!」
    「ちょっとこれはヤバいよ、長江も何も見えないんだけど!!」
    「中国は月に探査機を送っている場合じゃないのでは……」
    「アメリカの衛星に偵察されないための国策だったりして!」

    ・周辺国にも広がる不安

    この大気汚染問題について、個人ができることといえばマスクをする外出を控えるなどの対策くらいであり市民からは不安と諦めの声があがっているという。
    また、飛来が予測される周辺国にも不安が広がっている。韓国では12月10日に政府が総合対策を発表し、注意報が発令された日もあるそうだ。
    日本もPM2.5の中国大陸からの飛来が懸念されている。tenki.jpなどPM2.5の分布予測を発表しているサイトがあるので確認しておいてもいいかもしれない。

    【NASA発表 宇宙から見た中国は汚すぎて地形確認ができない。】の続きを読む

    1:2013/12/10(火) 18:11:21.95 ID:
    http://livedoor.blogimg.jp/psychopass1979/imgs/1/d/1dee232c.gif
    ’08年12月26日。建国の父毛沢東の115回目の誕生日に、中国人民解放軍が誇る海軍艦艇部隊がソマリアへ向けて出航した。

     当時、6隻の中国船が海賊に襲われる事件が発生しており、中国政府は、中国と台湾の船を海軍に護衛させ、海賊を殲滅すると大見得を切ったのである。

     中国の政府系メディアはフィーバー状態だったと天安門事件のリーダー格・陳破空氏は言う。

    「大国勃興、大国の軌跡、中国が軍事の実力を示す!といった勇ましい言葉を並べ立て、誇大に脚色して報じていました。この茶番に乗じて『富国強兵』の夢を成就させたかったのでしょう」

     一部の愛国的な中国人は素直に熱狂。中国政府は気をよくしたのか以後1年間にわたって3度もソマリアへ艦隊を派遣し、中国商船の護衛を続けた。

     だが、そんな意気揚々の中国海軍に試練がやってきたのは、’09年10月19日のことだ。中国の大型貨物船「徳新海」号がセーシェル諸島付近の海域でソマリアの海賊に襲われ、25人の中国人が人質に取られる事件が発生した。

    「このニュースは、国内外の華人の大きな関心を集め、ついに中国軍艦は海賊への追撃および拿捕された貨物船と人質を救出する任務を帯びて遠征に出発したんです」

     だが、中国世論が注視する中で救出部隊が取った行動は、海賊を追撃するポーズのみ。さらにこの不可解な事態について中国政府は恥知らずな説明に終始した。

    「海賊問題は各国が共同で解決すべき問題なのに国際協力がなされていないと文句を言い、中国貨物船の事件がまるで他国の責任であるかのように言い放ったのです」

    >>2
    以降へ続く

    http://yukan-news.ameba.jp/20131210-20/

    【中国海軍はメチャ弱かった ソマリアの海賊征伐にでかけフルボッコ、身代金まで払わされていたwww】の続きを読む

    1:2013/12/01(日) 02:26:34.79 ID:
     清楚なイメージのスポーツニュース女性キャスターが実は巨乳のナイスバディであることが分かり、視聴者が驚きの声を上げている。
    29日付で騰訊体育が伝えた。

     普段はお堅いスーツに身を包み、清楚なイメージだった女性キャスター。ところが、このほど流出したプライベート写真の彼女はまるで
    別人のようだった。スーツ姿では分からなかったが、実は巨乳のナイスバディであることが判明、視聴者たちの目を釘付けにしている。
    中には「韓国に行ってきた?」とからかう視聴者も。

    ソース(新華社) http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/367385/
    写真









    【【中国】清楚な美人キャスターのプライベート写真が流出→実は巨乳のナイスバディと判明…ネット上では驚きの声、「意外と凄いね!」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    お茶どうぞブログパーツ