2ちゃんの気になる記事、笑える記事を毎日UPします。

    日本

    1:2014/01/22(水) 01:02:17.10 ID:

    日本の海上自衛隊は世界5強、極東を封鎖する任務も難しくない―ロシアメディア

    日本の海上自衛隊の実力は世界の5強に数えられ、北方四島の強奪も難しいことではない、とロシアメディアが報じている。15日付で新浪軍事が伝えた。
    記事によると、日本の自衛隊の戦闘能力は米国を除く他のいずれの北大西洋条約機構(NATO)加盟国をも上回っているが、
    近隣の中国、韓国、北朝鮮、ロシアの戦闘力も決して弱小とはいえない。自衛隊は将来、米国の支援に頼らず、
    自力で外部からの侵入を防ぐことができる力を持つようになると記事は予測する。
    その上で、記事は「自衛隊は陸海空の実力を増強し、積極的に進攻することを画策している。
    海上自衛隊の実力は世界の5本の指に入り、極東を封鎖する任務も難しくない」と警戒感を示している。

    画像


    2014/1/21
    http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/371276/

    <関連>
    ◆日本が攻撃型潜水艦を大量に隠し持っていることが判明
    http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2013-11/19/content_30642084.htm
    防衛省は保有可能な潜水艦の数を16隻から22隻に増やし、今年さらに24隻まで拡大した。
    またこの数字はすべての潜水艦を意味しない。1隻が就役するごとに1隻が退役しているが、
    退役した潜水艦は処分されず、保管されている。しかも日本の退役潜水艦の使用期間はわずか10数年で、
    世界平均水準の25~50年を大幅に下回っている。その性能は遅れておらず、いつでも現役に復帰できる。戦争になれば、
    日本が実際に動員できる潜水艦の数は、現在の規模の2倍以上に達する。

    ◆対潜哨戒機P3Cの数(航空爆雷装備)

    世界1位 米国(200機) 
    世界2位 日本(105機) アジアでダントツ1位
    ・・・韓国(8機)

    【【速報】 日本の軍事力、世界トップ5にランクインすることが判明 アジアの海を完全封鎖することも可能】の続きを読む

    1:2013/12/19(木) 17:48:56.64 ID:
    日本を訪れる外国人旅行者の年間1千万人突破が目前となる中、忍者が注目を集めている。
    東京や京都といった主要観光地以外にもあるマニアックな日本文化に関心が集まっている。

    三重県伊賀市の伊賀流忍者博物館を訪れる外国人は、平成23年度は約5860人だったが、
    24年度は倍近くの1万750人に増加。本年度も9カ月分だけで約9640人となり、3月までに
    前年度を上回る見込み。全入場者も24年度の約17万7千人を上回る見通しとなっている。

    来場者は、手裏剣を投げ、鎖鎌を振り回す「伊賀忍者特殊軍団阿修羅」の実演ショーを楽しみ、
    貸衣装で忍者の姿になって、城の石垣で記念写真を撮る。

    外国人増加の理由は、阿修羅の海外PR活動だ。平成18年以降、台湾、韓国、米国などで公演を実施。
    今年7月、パリで開催された「ジャパンエキスポ」に出演した際には約4万人が集まった。

    博物館を運営する伊賀上野観光協会の森本聡志さんは「アニメやゲームを通じ忍者への憧れは強く、
    世界に通用する」と強調した。

    伊賀市の忍者だけでなく、札幌市の北海道庁の赤れんが庁舎でレースやフリルをあしらったロリータ
    ファッションで記念撮影するスポットも外国人の人気が集まっている。このほか、自治体が映画のロケを
    誘致したりするなど多彩な活動を展開し外国人の集客に一役買っている。

    政府の試算では、30年に外国人旅行者を年3千万人超とする長期目標を達成すれば、日本で使われる
    お金は4・7兆円で10年時点の3倍以上になる。

    日本総合研究所の矢ケ崎紀子上席主任研究員は「地方にとって外国人客誘致は、経済活性化に直結する
    やりがいのある挑戦だ。忍者など、日本人が当たり前だと思っている魅力を冷静に分析することが必要だ」
    と話している。

    http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/131219/wlf13121914450011-n1.htm
    7月にパリで開催された「ジャパンエキスポ」に出演した「伊賀忍者特殊軍団阿修羅」(右から2人目と4人目)

    【【社会】「忍者が人気!」 外国人が愛してやまないマニアックな日本文化】の続きを読む

    1:2013/12/18(水) 19:53:01.81 ID:

    「韓国の産業は鵜(う)飼いの鵜」「日本が部品供給を停止すれば砂の城のように消える」。
    韓国国内で、日本の技術力の強さと韓国経済の致命的な弱点を認めた“自虐的”な論評が相次いでいる。
    韓国が日本を評価する異例な事態の背景には、朴槿恵(パク・クネ)大統領への強い不満がくすぶっている。
    狂信的な反日路線に突き進む朴政権への「退場勧告」とも読み取ることができる。

     韓国の鉄鋼大手ポスコ系列のシンクタンク、ポスコ経営研究所は「日本はどのように素材大国になったのか?」というリポートを発表した。
    そこでは、「日本の主要産業は組み立てや加工では韓国や中国に押されているが、素材・部品では圧倒的な競争力を維持している」として、
    「日本産の素材や部品がなければ世界中のエレクトロニクス産業が立ちゆかなくなる」と指摘した。

     液晶画面に必要な偏光板保護フィルムなど、日本メーカーが世界市場で90%以上のシェアを占める素材や部品は多く、
    韓国の産業は「素材・部品を日本に依存しているため、輸出で得る実質的な利益をほとんど日本に奪われている」という“鵜経済現象”が固定化していると評した。
    魚を捕まえる鵜が韓国、その魚をいただく鵜飼いが日本というわけだ。

    以下略
    「日本の部品停止なら砂の城」韓国で自虐経済リポート 朴政権へ渦巻く不満
    http://news.livedoor.com/article/detail/8359547/

    【【バレたか】 「日本が部品供給を止めれば、韓国は消える」 韓国で弱点を認めた論評が相次ぐwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    お茶どうぞブログパーツ